銀行口座が凍結されてしまうことがあります

個人再生や自己破産の場合、手続きを開始した時点で自動的にすべての債権者が対象となるのですが、同じ債務整理でも任意整理を行う際には、債権者ごとに一件ずつ手続きするため、全ての債権者に対して行うことも可能ですが、債権者ごとに時間も費用もかかりますし、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して交渉を行い、債務総額を減らしていきます。しかし減額交渉は任意ですから、こちらの代理人が提案した内容を相手が拒否すれば、当該債務の減額は不可能です。債務をまとめると一言で言っても多くの種類があるものです。個人再生とか特定調停、自己破産や過払い金の返却を求めるなど色々です。
どれも性質に相違があるので自分はどれをチョイスすればいいのかというのは専門家と協議をして決心するのがいいと考えます。

無事に債務整理が済んだ後ですが、JICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。

具体的にはブラックとして扱われるため、債務整理後、しばらくの期間は銀行や金融機関のローンやサービスを使うことが困難になると知っておいてください。

債務整理の場合、ブラック状態が解消されるまでに5年はかかると理解しておきましょう。

近頃はあまり見かけませんが、債務整理のひとつとして特定調停というものがあります。

返済すべき債務があり、なおかつ過払い金が生じている時に選べる方法です。過払い金の返金が気になるでしょうが、実は特定調停の場では返金要求は不可能ですので、日を改めて過払い金請求をする必要があります。

基本的に返済中は過払い金請求はできませんが、債務を完済している時点で請求可能となります。受任通知の宛先として銀行を含む債務整理をすると、本人名義の口座がそこにあれば凍結という措置が取られるはずです。

凍結する理由は単純で、資産があるときに債務の返済が可能なためです。とはいうものの、自己破産をした場合には最大20万円までの預金については生活に必要なものとして残せますから、それより残高が多い場合だけ借金の返済に回されるわけです。
自己破産をするケースでは、身の回りのものや日常生活を再建するための少しの出費の他は、明け渡すことになります。

自宅や土地などの所有物の他、ローン返済中の自動車も手放すことが必要です。

ただし、他人が支払い続ける事に、債権者が納得すればローンを返済すると併せて所持することも可能になります。

返戻金の生じる生命保険に加入している場合や、個人年金保険などに入っている場合は、債務整理の種類によっては解約が必要なケースもあります。

まず自己破産を行うのであれば、保険は解約となり、返戻金を返済の一部に充当します。

そして個人再生を行う場合は、保険契約を解約するまではいかないものの、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。

また、任意整理では原則的に解約は不要ですし、返済額に影響することもありません。

借金を全てゼロにするのが自己破産制度となります。借金に苦しむ方には有難いものですよね。
ですが、当然メリットだけではありません。

言うまでもなく、デメリットもあります。家や車といった財産は全部手放さなければいけません。

また、おおよそ10年間ほどはブラックリストのほうに登録される為、新しく借り入れることは、できなくなります。
債務整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。

異なる点は、元金の減額があるかないかです。任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息を免除して返済総額が決められ、月々の返済を行うもので、概して元金が減ることはありません。それに対し、民事再生では返済計画案を裁判所に提示し、認可されれば減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。借金の総額を減らすことができたり、状況いかんでは帳消しすらあり得る債務整理ですが、生活は楽になる一方で、個人再生と自己破産については裁判所を通す以上、官報へ住所氏名が記載されることは免れません。
一般人で官報をよく見る人なんていませんから、デメリットというほどでもないのかもしれませんが、官報といえば、ほぼ永久的に保管される記録ですし、公示公告の類は誰でも閲覧できるのが特徴です。後悔しても遅いですから、もしどうしてもやらなければいけないにしても、じっくり考える時間をもちましょう。

債務整理を行うデメリットもあります。

その一つが、ブラックになってしまうという点でしょう。

平たく言えば、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。

一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、どの債務整理の方法を選んだかでブラックリストに載っている期間が5年から10年と違うことに留意しておきましょう。

このところ、債務整理を行って借金を整理する人も多いようです。払いきれない利息を整理できますが、ある程度の期間はローンやクレジットカードの契約ができなくなるといった欠点もあります。
借金の元金が減らないといけない